日本人が英語を話せない原因は根本にある?

日本人が英語を話せない原因は根本にある?

中学高校と英語を学んできたのに、何故か英語が話せない。

こんな事を思った事のある日本人はとても多いはずです。

6年間も英語を学んだのに、こんなにも成果が表れない事って本来あり得ないと思います。

学校だけではなく、英会話スクールに通ったり、英語プログラムを学んだ経験のある方も多いでしょう。

けれどそれで英語を話せるようになりましたか?

きっとなっていないはずです。

その理由は、勉強方法に問題がありました。

英語が話せない3つの原因

サチンさんとセントラルパシフィックカレッジが長年研究した事、それは日本人が英語を話せない原因です。

研究の結果、こんな事がわかりました。

スピーキング・リスニング不足

この言葉を見た時にハッとしました。

思い返せば、英会話の授業よりも文法や単語などの座学ばかりだったと思いだしたからです。

皆さんも中学高校の6年間、座学がメインだったと思いませんか?

先生の後に続いて読んでいるだけで、会話らしい会話の授業はなかったはずです。

話せるようになりたいのに、話す事と聞く事の授業が少なすぎるので、話せないのは当たり前なのです。

丁寧すぎる英語を教えている

学校でも英会話スクールでも、教える英語はとても丁寧な文章ばかりです。

これも勿論間違いではありませんが、普段使う言葉かと聞かれたらそれは違います。

丁寧すぎる文章を教えているから、複雑でなかなか入ってこないのです。

もっとシンプルで普段使いの言葉であれば、覚えやすいという事です。

つまり、スピークアウトで教えているグロービッシュであれば、難しく考える事なく覚えられるという事です。

文法を覚える為に丁寧な文章を使うのは良い事ですが、会話をしたいのであれば向いていません。

手紙であれば学校教育の教え方でも良いのですが、会話を楽しみたいのであればグロービッシュとなります。

だから覚えられずに話せない日本人が多いのです。

心が置いてけぼり

「ん?」と思うかもしれませんが、英語と心はセットで成長します。

技術面を教えているけど、精神面は全くと言って良いほど教えていないのです。

英会話にはマインドがとても重要です。

自信がないと英語は話せるようになりません。

今までの英語教育で心を成長させる学習してきましたか?

そんな事してくれる先生はいなかったと思います。

モチベーションを上げてくれる先生がいたのなら、きっと多少なりとも英語が話せているはずです。

英語が話せないという事は、精神面を成長させてもらえなかったのです。

スピークアウトでは英語と心をセットで成長させてくれます。

TOPページを見る