• ホーム
  • ゼニカル効果とお茶やおからクッキーでのダイエット

ゼニカル効果とお茶やおからクッキーでのダイエット

肥満になってしまうとさまざまな病気のリスクが高くなってしまいまいます。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病になりやすくなってしまい、動脈硬化や脳卒中などの病気も引き起こされやすくなります。
そんな肥満を改善するには薬物療法や運動療法、食事療法などで改善することが望まれます。

肥満を改善するための薬「ゼニカル」は、経口服用で腸内のリパーゼに作用して、腸管からの脂肪の吸収を阻害する効果があり、吸収されなかった脂肪は大便として排泄されます。
脂肪を溜めないという点でゼニカルはダイエットには効果的ですが、副作用として脂溶性ビタミンであるビタミンAやE、βカロテンなどの栄養の吸収されてしまうのです。
ゼニカルなどの薬に頼ったダイエットはあまりおすすめできず、減量する場合には運動療法や食事療法によって痩せていくことが推奨されます。

食事療法のサポートとしておすすめなのがお茶やおからクッキーなどの嗜好品です。
プーアール茶などはカテキンによって糖質や脂肪の吸収を抑制する働きがあり、黒烏龍茶はポリフェノールが摂取した脂肪を体外に排出しやすくする効果が着たいでき、ジャスミン茶の香りは脂肪を燃焼しやすくする作用などが期待できます。

また、ダイエットのときにあまりに糖分などを制限し過ぎてもストレスとなってしまい過食に繋がってしまう危険性があります。
そのため腹持ちの良いおからクッキーやケーキ、ヨーグルトを使ったお菓子など低カロリーで腹持ちが良いお菓子を食べることでストレス解消に繋がります。
おからクッキーのほかにもさまざまな低カロリーなダイエットしていても食べられるお菓子があるため、工夫することでダイエットを長く続けられるようになります。