• ホーム
  • ゼニカルの服用で注意すること

ゼニカルの服用で注意すること

ジョッギングしている肥満の女性

ゼニカルは食事で摂った脂肪の吸収を、抑える作用のある内服薬です。
海外では実際に肥満の治療薬として処方されています。
また、海外のセレブやモデルがスタイルをキープする為に服用している事が紹介され、日本でも話題となった薬です。

今まで日本では脳の中枢神経に働きかけ、食欲を無くす肥満薬の処方が一般的でした。
中枢神経に働きかける薬という事もあり、服用に抵抗を感じる方も少なくなかったようです。
ゼニカルはというと脳に働きかけるのではなく、直接脂肪の吸収を抑えるのが特徴です。
食事で摂った脂肪分は、リパーゼという酵素の働きによって細かく分解され、はじめて腸内で吸収されます。
ゼニカルに含まれているオーリスタットという成分は、このリパーゼの働きを弱め、脂肪が分解されるのを阻止するのです。
これによって腸内で脂肪の吸収が行われなくなり、脂質を多く含む食事をしても太り難くなります。
一般的にゼニカルを服用する事で、約30%の脂肪吸収が抑えられると言われています。

安全性の高い薬という事もあり、人気となっているゼニカルですが、やはり医薬品という事もあり服用する際は注意したい点もあります。
この薬は食事中か食後、1錠を服用するのが基本です。
早く痩せたいからといって何錠もまとめて飲んでしまうと、副作用を起こす危険性があります。
野菜を中心とした脂肪分をあまり含まない食事をした場合は、服用しなくても大丈夫です。
また、脂肪分を便と一緒に排泄するので、油に溶けやすい脂溶性ビタミンの吸収も阻害されてしまいます。
何も対策を行わないとビタミン不足に陥ってしまうのです。
ビタミンAやビタミンEといった脂溶性ビタミンは、サプリメントで補うなどして意識して摂取しましょう。