• ホーム
  • ゼニカルで一番大変な副作用

ゼニカルで一番大変な副作用

多様な薬

ダイエットや肥満治療は現代における大きなトレンドであり、そのために日々努力をするという人も多くなりました。
肥満治療薬として知られているものの一つがゼニカルであり、脂肪の吸収を抑制することができるものであり、オルリスタットと呼ばれる成分が含まれています。

これによって食事によって摂取した脂肪を吸収せずに体外に排出させることができるため、余分な脂肪分をとらずに肥満解消に役立てることができます。
そういった点が注目されて肥満治療だけでなく、ダイエットにも用いる人が増えてきているものの、副作用があるということも忘れてはならないことです。
ゼニカルは脂肪と一緒に排出されてしまうため、体内に移行する分はわずかであるとされています。
そのため、重篤な副作用として肝臓や腎臓の機能障害、アレルギー反応なども知られていますが、発生頻度は極めて低くなっています。
むしろ誰もが経験することになって一番大変な副作用は下痢とおならであり、服用中に突然お腹が痛くなって下痢になってしまったり、おならがとまらなかったりしてしまいます。

飲み始めてから数ヶ月の間に経験することになり、人によっては数週間で副作用がなくなってきますが、長い場合には一ヶ月以上も継続します。
特にダイエットによって美容を求めている人がゼニカルを個人輸入して使用する場合には、それによっておならが出てしまって恥ずかしい思いをするということになって元も子もなくなるケースも少なくありません。
ゼニカルを使用する上では下痢やおならに悩まされる時期が必ず到来してしまうということを覚悟して使用していくことが重要であり、その点について留意した上で使用をはじめなければなりません。